2007年04月30日

スーホーの白いウマ

スーホーに拾ってもらったことで、幸せに暮らしていた白いウマ。

兄弟のように仲良く暮らしていたスーホーと白いウマにピンチが訪れます。
スーホーは白いウマとの生活をとろうとしますが…。

人間とウマを通じて、目には見えない信頼関係みたいな部分を考えさせられます。


スーホーの白いウマ

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 23:22| Comment(0) | モンゴルの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サルの王さま

川のほとりにそれはそれは美味しいマンゴーの実がなりました。
サル達が美味しそうに食べている姿を見て、サルの王さまは人間に食べられないようにするために策を練ります。

やがて、人間達に美味しいマンゴーの木の存在を知られてしまいました。
勇敢なサルの王さまの取った行動とは?


サルの王さま

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 23:15| Comment(0) | インドの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三人の糸つむぎ女

怠け者の娘が、お母さんに糸つむぎをさせられそうになり、大声で泣き出しました。
ちょうど通りがかった女王さまになぜ泣いているのか様子を聞かれ、お母さんはつい、糸つむぎが出来なくなると泣いてしまうんですと嘘をついてしまいます。

それが元で、城に連れて行かれて糸つむぎをすることになった娘。
さぁ、どうする?


三人の糸つむぎ女

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 23:06| Comment(0) | グリム童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アリババと四十人の盗賊

もう、お馴染み「ひらけ、ゴマ!」の呪文。
盗賊達が、呪文を唱えると…なんと大きな岩の開いたのです。

アリババは、その様子をみて自分でも試してみました。
なんとそこは、盗賊達が盗んだ宝石などを隠していたのです。


アリババと四十人の盗賊

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 22:41| Comment(0) | 千夜一夜物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーター・パン

ある日、ウエンディの部屋の窓に男の子が飛び込んできました。

そう、ピーターパン。

ウエンディは一緒に空を飛んでネバーランドへ向かいます。

さぁ、冒険の始まりです。


ピーター・パン

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 22:21| Comment(0) | バリの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

カメのこうらはヒビだらけ

今回のお話の主人公はカメさんです。
カメさんは、キレイな星空を眺めているうちに星のそばへ行ってみたくなります。そして…。

カメの甲羅がなぜヒビだらけなのか?が分かりますよ。

今回のお話は、私の親友ぴろさんが読んでくれています。
今後、サプライズでたまに登場してくれる予定。
よろしくね。


カメのこうらはヒビだらけ

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 02:37| Comment(0) | ブラジルの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラ退治

トラ退治の名人であるおじいさんが、息子を後継者にしようとします。
けれど、息子は大変な怠け者。
おじいさんが死んでしまった後、息子は山で大きなトラに遭遇してしまいます。
さぁて、大変。
トラ退治はできるのでしょうか?


トラ退治

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 01:45| Comment(0) | 韓国の昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハエとミツバチ

働き者のブンブンブン。怠け者で、妹の蜂蜜をあてにしている姉のウウウウウ。
寒い冬がやってきて…とうとう、お姉さんのウウウウウは食べ物がなくなってしまいました。


ハエとミツバチ

お話はこちらから

posted by まちゃりん at 01:28| Comment(0) | アルゼンチンの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

クマたいじのゆうしゃ

臆病なお百姓さんは、畑にクマが現れたのを見て、奥さんを置いて逃げ出してしまいます。
けれど、クマを殺したのは自分だと殿さまに嘘の報告をしてしまいます。
クマ退治の勇者としてたくさんのご褒美をもらったお百姓さんは、その1つの嘘が元でいろんな試練に立たされてしまいます。
さぁ、嘘を突き通して乗り切ることができるのでしょうか。

クマたいじのゆうしゃ

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 16:52| Comment(0) | タイの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月の見ていた話 十四夜

これは、アンデルセンの「絵のない絵本」の中のお話です。

私自身、この本が大好きで、
2年前のアンデルセン生誕200年の年にこの本の朗読を芝居仕立てでやってみたいなと考えていました。

絵のない絵本では、売れない画家が主人公で、その画家に向けて毎晩、お月さまがいろんなところで見てきた事を語ってくれるのです。それを画家は絵にしていくというお話。
全部で33夜までありますが、その14話目にあたるのが今回のお話です。


月の見ていた話 十四夜

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 00:40| Comment(0) | アンデルセン童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キツネと獲物

頭のいいキツネさんのお話です。

この作品では、珍しくオオカミさんが気のいいやつになってます。

さて、キツネさんはどうやって獲物をゲットするのかな?


キツネと獲物
お話はこちらから
posted by まちゃりん at 00:25| Comment(0) | フィンランドの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

魔法のぼだいじゅ

あなたは、魔法のぼだいじゅが近くにあったら、
何をおねだりしますか?

人間、欲を持ち過ぎるといけないんだよって教えられる作品です。


魔法のぼだいじゅ

お話はこちらから


posted by まちゃりん at 02:06| Comment(0) | ロシアの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

白雪姫

私のバイブルとでも言うべき、白雪姫の登場です。
子供の頃に父親に描いてもらったお妃の変身した姿。
ワシっ鼻で、毒りんごを手に持った…それはそれはインパクトのある絵でした。
それから、ディズニーのアニメを含め、白雪姫の作品の絵本が家に氾濫しています。
同じ内容なのに絵本だって5冊はあります。

「鏡よ、鏡。世界で一番美しいのはだあれ?」
おなじみのこのセリフ。逆にどうやって言おうか迷いまして、なんか怪しげです。

私も王子様のキスで目覚めてみたいものです。


白雪姫
お話はこちらから
posted by まちゃりん at 16:33| Comment(0) | グリム童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

アラジンのランプ

アラジンがある男に古びたランプを取ってきて欲しいと頼まれました。
指輪のお守りを貰って、アラジンはランプを探しに穴の中へ入って行きます。
見つけたランプをすぐに渡そうとしなかったアラジンは、暗い穴の中に閉じ込められることに・・・。
ところが、お守りの指輪をこすった途端、指輪の中から魔神が現れました。
『何でも、叶えます』
アラジンは、無事に家に帰ることが出来ました。
さて、同じようにランプをこするとランプの中から魔神が現れ、アラジンの夢を叶えてくれました。

それを知った男は、アラジンからランプを取り返そうと・・・。


アラジンのランプ

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 02:07| Comment(0) | 千夜一夜物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獲物をとられたキツネ

久しぶりにいっぱい獲物を捕まえることが出来て大喜びのキツネさん。
そんな様子を遠くから見ていたうさぎさん。
キツネさんの獲物を少しいただこうと考えました。

そして・・・。
うさぎさんのとった行動とは?


獲物をとられたキツネ

お話はこちらから



posted by まちゃりん at 01:52| Comment(0) | ハリスの童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水晶のオンドリ

道端に落ちていたお手紙。
実は、ヒヨコさんの結婚式の招待状。

そこには、来て欲しい動物達の名前が書いてありました。
招待状を拾った水晶のオンドリさんは、
結婚式へと向かいます。

さぁ、無事に到着できるのでしょうか?


水晶のオンドリ

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 01:44| Comment(0) | イタリアの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

トウモロコシドロボウ

大事なトウモロコシ畑にドロボウが入った様子。
ドロボウを捕まえた息子に財産をやろう!と考えるお父さん。

3人の兄弟は、それぞれチャレンジをしに畑へ出向きます。

さぁ、誰がドロボウを捕まえて幸せになれるのでしょう?


トウモロコシドロボウ

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 16:23| Comment(0) | トルコの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

神さまのけだものと悪魔のけだもの

神さまはオオカミをつくり、悪魔はヤギをつくったんですね。
このお話では、そのヤギのしっぽがどうして短いのか、そしてヤギの目の秘密までもが隠されています。


神さまのけだものと悪魔のけだもの

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 07:36| Comment(0) | グリム童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

ゴルゴーンたいじ

私の好きなギリシャ神話モノです。
今回は、勇者ペルセウスが蛇の髪を持つゴルゴーンを退治するというお話。
ゴルゴーンはとても強い女の怪物で、ゴルゴーンの姿を直接見た者は、みんな石にされてしまうというのです。

さぁ、一体どうやってゴルゴーンを退治するのでしょうか?


ゴルゴーンたいじ

お話はこちらから

posted by まちゃりん at 15:25| Comment(0) | ギリシャの昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンを踏んだ娘

モノを粗末にしてはいけないよ。
特に食べ物を粗末にするなんて…。

お気に入りの靴が汚れるのが嫌で、パンを泥水に投げ入れて踏みつけてしまった少女、インゲル。
罰があたって悪魔のおばあさんに連れ去られてしまいました。


パンを踏んだ娘

お話はこちらから
posted by まちゃりん at 15:04| Comment(0) | アンデルセン童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする